2010.01.15

捨てる・・・真っ先に思いついたのは、和室。
普段使わない和室(※正確には和室の押入れ)は気がつくと物置状態になってしまうほど、不要なものがいっぱいある。
だからいつも整理は、ここから始まる。
でも、ちょっと待って。いつもと同じことをしていては、意味がない。

100115aa.jpg

たびたび、整理をしているからこそ、不要なものがあるとわかっている場所からはじめるよりも、不要なものがないと思っている場所から始めたほうが、効率がいい。そしていつも見てる景色に変化があったほうが、断然楽しい。
必要なふりをして居座っているモノたちを、まずは追い出す作戦。

最初は本の整理から。
本を収めているのはダイニングのキャビネット。ここに入らなくなったら整理しよう。そういうルールになっている。
けれど今回は、断捨離。
いさぎよく、捨てる。

いつも、インテリアのアイデアを探すときに眺める本を手に取る。
お気に入りの本も、ひととおり確認。本当に、ここに置いておいて良いものかどうか。
雑誌は、本当に必要なページだけ切り取ってしまえばいい。切り取ったものはとりあえずクリアファイルに挟む。そしてまた数日後にこのファイルを整理する。だんだん削ぎ落とされて、必要なものが見えてくる。

キャビネットには、本以外のものも入っている。
ここに入れたいのだけど、入れられなかったものを、どうにか入れようと試みる。そのためにはまた、捨てる作業。

あれも、これも、いらない。
あれば便利だけど、なくても困らない。
そういうものが、あちらこちらに。
使い心地が気に入らなくて、でもせっかく買ったのだから、と捨てられずにいたものも、あっさりと処分。

昨年、2009個、捨てたのにな。
まだ意気込みが足りてなかった。自分への甘さを自覚していた。
でも、それでも2009個を捨てたからこそ、捨て方を学べた、という気持ちもある。

●この日捨てたもの
本・雑誌・切り抜き・家具カタログ・紙メジャー・空瓶

●捨てられなかったもの ←捨てようとしたけどやめたもの
雑誌や家具カタログの切り抜き・吉祥寺特集の雑誌・掃除機のカタログ(早く買っちゃえばいいのに?)・エレクタのカタログ・布・ランチョンマット

今回捨てられなかったものも、いずれ捨てられるようになりますように☆

»ことりの断捨離Lesson2・トイレ編へ

copyright © 2017 LuLuLuNOTE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.