2006.06.04

kakodiy20.jpg 2005年春、当時住んでいたワンルームマンションのキッチンを、『原状回復可能』を前提として、タイルキッチンに改装しました。
その頃に入っていたmixiのコミュに画像等が残っておりまして、いまだに問い合わせをいただくことも少なくないので、あらためてコチラでご紹介することにしました。
賃貸物件でも諦めたくない!という方々に、少しでも参考になればと思います。

この記事は、2009年6月4日に書いております。具体的なサイズや材料費などの細かいことは資料がありませんし、記憶も定かではありません。

以下、当時のHPの文章をほぼそのまま表示しております。小さな画像はクリックで拡大します。

↓ ↓ ↓

この部屋に引っ越しを決める際、使い勝手の悪そうなキッチンだなーと思いつつも、しょせんワンルームのキッチンなんてどこもこんなもんさーと半ば諦め、でも半ば諦めきれず、それなら自分で使い心地のいいキッチンに改造してやるーーー!と決意したのでありました。
改造前の様子→kakodiy01.jpg

シンク、蛇口、ちょっとした作業台、2口コンロがおけるスペース、という、いたって普通の形状です。
気になるのは、作業スペースが狭いことと、周囲の壁が壁紙張りなこと。
考え抜いた結果、思い付いたのは、この2点。

  1. コンロを1口にする代わりに作業スペースを増やす。
  2. 周囲をタイルで覆う。

ただしここは賃貸住宅です。何といっても大家さんには逆らえません。
いくら私の使い勝手が良くなろうと、大家さんには知ったことじゃないのです。設計中も作業中も、「原状回復」という呪いの言葉がつねにまとわりつくのでありました。

そんなわけでまずは周囲を板で囲みます。多少の水がかかってもなんとかなる程度にしっかりと。そして原状回復が可能なように、取り外す際のことも考えつつ。
kakodiy02.jpg kakodiy03.jpg kakodiy16.jpg

水せん金具をよけるために、空けた穴には、上下に分割できる2枚の板でフタをします。
kakodiy17.jpg kakodiy05.jpg
これだけはあとで取り外すときのことを考えて、両面テープで固定します。この2枚を外し、水せん金具と上の照明器具に気をつけながら全体を引き出せば、きれいに元通り(のはず)です。

kakodiy04.jpg コンロの下は収納にしました。ことりさんは身長が高めなので、より作業がしやすい高さになります。
収納部は、入れるもののこと、使うときのこと、自分の行動パターンなどを考慮しつつ、上にはコンロを置き、さらに水のたっぷり入った鍋を置くことなどを想定して、補強もしっかりと。
もちろん色合わせのために、ピカピカのシルバーは隠します。
ここでは汚れても取り替えがきくように、焦茶色の紙を敷きました。

タイルの並べ方も大いに悩みました。こういうのってセンスが出ますね。
kakodiy06.jpgしっかりとセンスのなさが光ってます。(´;ェ;`)ウゥ

接着剤でタイルを固定し、目地を流し込みます。
kakodiy08.jpg kakodiy09.jpg

周囲はすべてタイル張りにすることも考えたのですが、ツールなどを引っ掛ける場所が欲しかったのと、予算の関係で、板壁風にしてみました。
また、既設の照明(蛍光灯)がイヤだったので、脇にクリップライトを設置。コードは専用のモールで目隠しして、黒かったスイッチ部分にもペンキぬりぬり。
kakodiy07.jpg全て同色のペンキで塗装してます。

そして、、、

これが
kakodiy01.jpg

こうなりました!!
kakodiy10.jpg

別の角度から。下部収納は扉を取り外して使用。
kakodiy12.jpg kakodiy15.jpg

角に小物を入れられるガラス容器を取り付けました。板壁にした効果を発揮です。
kakodiy14.jpg

白いタイルで、ジャムの瓶も、よりかわいらしく見えます♪
kakodiy21.jpg

タイルニッパーも大活躍したのでした。(左下は失敗)
kakodiy18.jpg

これが全景。横の柱との色合いもグーでしょ?

kakodiy20.jpg
とても同じキッチンには思えません♪(自画自賛)

  *  *  *  

以下、メールでのやりとり(ことり返信分)も抜粋して掲載しておきます。参考にどうぞ。

そうなんですよ、あの部屋からは引っ越してしまいました。
使っていくうちに改善したいところはいくつか出てきましたが、
決して使いにくかったわけではないですよ~。

木材はシナ合板を使いました。
基本は6ミリ厚で、部分的に3ミリ厚を使用しています。
天板は(カットを失敗したせいでもあるのですが)6ミリ板を2枚重ねました。
コンロを乗せてる部分は、補強のために、板を十字(上から見た状態で十字)に組んで底上げしました。角材ではなく、6ミリ厚板を2枚重ねにして使いました(端材で良いと思います)。
十字に組んだ部分は、前面から見れば2つの空間ができますので、調味料などの収納に使っていました。

ちなみに、タイル自体は水に強いですが、目地に汚れがたまりやすいので、日々のお手入れは重要です。(といっても「ぬれたら拭く」程度で大丈夫だと思います)

  *  *  *  

立ち上がり部分って、奥の板そのもののことですかね??
それとも棚?のようになってる部分かな??
どちらにしても、このキッチン製作に金具は使ってません。
もともと両サイドに壁があったので、その間に、
「奥の板」「サイドの板」「天板」の順に差し込む形で、固定しています。

全体を、天板で押さえてるという感じですね。
だから板はそれぞれギリギリのサイズにカットしました。(最後の天板はグググッと押し込む形で設置)
一応、奥の板とサイドの板を裏側からタッカーで固定しておいて、
天板は、ずれないように、下にゴム板をかませました。

それぞれの板を設置した後に継ぎ目を木工用ボンドで繋いで、その上からタイルを張ったかたちです。
あ、奥の板には、さらに3ミリ厚の板を板壁風に貼付けました。
サイドの板が倒れないようストッパーとしての役目も多少はありました。

また、奥の棚?になってる(元々はわずかに傾斜している)部分に関しても、端材を脚にして、
奥の板やサイドの板に固定して作ってあります。
(端材が直角になっていれば、そこに沿わせて固定するだけできれいな直角が出ますよね)

全体的に、金具は使わず、いろんなサイズや形の板を駆使して組み立てた感じです。
一応設計図は書いたのですが、わりと行き当たりばったりで追加・変更したような気もします。^^;

  *  *  *  

キッチンの周りに板を張り巡らせて、そこにタイルを接着しております。
ちょっと詳しく説明しますね。

●板の固定方法
キッチンが、左右&前を壁に囲まれた造りだったので、
奥→サイド→天板の順に板を設置します。
周りの板が倒れてこないように天板でおさえてるような形です。
天板ははめこむのがきついくらいの、ぎりぎりの幅にカットして、
ヤスリで削って調整しました。
(古い建物ゆえの歪みもありますので、キッチリよりも少し大きめにカットしておきました)

具体的には、左右の側板と背板をあらかじめ接合して奥に設置し、
そこへ天板をぐぐっと押し込むように設置して接合です。
隙間には水がしみ込んだりしないよう、接着剤を入念につけました。

水栓金具の周りだけは、解体時にまず外したいところだったので、
上下にわかれる2枚の板を、あとで剥がしやすいように裏側から
ビニールテープ+両面テープでつけただけです。

●タイル
上記の固定した板にタイルをボンドで接着。
のちのち解体したときに、タイルが板にくっついたままなので
勿体ないことしたなーと思いました。
もし再利用を考えるなら、天板部分は落ちてくる心配もないので、
強めの両面テープでくっつけるだけでも充分かと思います。
全体に目地を入れています。

タイルは一番安い10センチ角と小さな1センチ角の2種類。
10センチ角のほうは1枚80円か90円くらいだったかと思います。
ちなみにサイズ&価格&見た目(好み)を考えると、
すべてこのタイルで作れば良かった…と当時少し後悔してました。
(1センチ角と質感も色合いも微妙に違ったのです)

1センチ角のほうはいくつかのタイルがシート状にくっついたもので、
残念ながら値段はちょっと覚えていません。
細かい作業はシート状のタイルは便利でした。

以上、この記事は、私の過去のHPに掲載していた記事・及びこれまでにいただいた質問の回答を抜粋し転載したものです。
ここに書かれていること以外はほとんどお答えできないと思われますが、質問や説明がわかりにくい等ありましたら、コメント欄にどうぞ☆
専門的なことはわかりかねますが、みなさまのお部屋プチ改造計画のために、多少なりとも参考になりましたら幸いです。^^

Comment
はじめまして(*^_^*) 家のキッチンの水周りが本当にボロく毎回見るたびに気持ちがめげるんです。ってなわけで、色々ネットで見ててこちらにたどりつきました。あの流し台がリフォームする事で本当にお洒落になりましたよね。もうスタンディングオベーション並みの拍手です!すてきです。とても参考になりました。でも私にもできるかなぁ。。。。また色々と読ませて頂きますね!!
2010/02/23 (火) 08:55:59 | URL | あきちゃn #-[ 編集 ]
あきちゃn さんへ
わぁ、たくさんお褒めいただきありがとうございます♪♪
水回り・・・わかります。ため息、出ちゃいますよね。
私も、元々のキッチンでの炊事はけっこう気持ちが沈みました。
でも頑張ってリフォームしたことで、苦手な料理もちょっぴり楽しく・・・というか、キッチンに立つのが楽しくなりました☆

ここまで大掛かりでなくても、たとえば収納の扉に明るい色のカッティングシートを貼ってみるとか、引出しの取っ手を替えてみるとか、ちょっとしたことでも気分がかわってくると思います。
そうやってできることから始めてみたら、いつのまにか居心地のいい素敵なキッチンになっているかも!^^

ちなみにこのタイルキッチンが、私のDIYデビューです。
だから誰にでも、できないことはないと思います。肝心なのはただ1つ『こういうキッチンだったらな~』っていう、想像(妄想)力です。^^
2010/02/23 (火) 19:16:52 | URL | ことり #-[ 編集 ]
お邪魔します"^_^"
上↑のあきちゃn さんと同じく
タイルのことで調べてましたら
たどり着きました!

ステキな手作りライフですね~

あたしはキッチンカウンターの上に
タイルを貼ってみようかと計画中なんです
初めてなのでうまくいくかな・・・

参考にさせて下さいね(^^)
2010/07/29 (木) 17:34:54 | URL | yuppii- #-[ 編集 ]
yuppii- さんへ
初めてのタイルはりなんですねードキドキですね♪
小さなタイルならネット付きのもの、大きなタイルならスペーサーがあると便利ですよ~。
でもちょっとくらい歪んでも、「味」となってくれるので是非楽しみながらやってみてください。
素敵なカウンターが完成しますように☆☆
2010/07/29 (木) 23:19:16 | URL | ことり #-[ 編集 ]
はじめまして。現在おうち(築35年)のリフォームを検討中なんですがなにせど素人なんです。参考にさせていただいてます。質問なんですが、ステンレスとのつなぎ目はどういう処理をされてるんでしょうか?流し台のステンレスと天板との境目が気になってしまいました。水が入り込まないために何で固定されているのでしょうか?宜しくおねがいします。
2012/12/04 (火) 13:27:16 | URL | だるだるジャック #-[ 編集 ]
過去の記事なのにすみません
過去の記事なのに質問すみません。いまキッチンの改装を自分でしようと考えてネットで探していたらこの記事を見つけてしまい、私の理想そのものだったので質問させてください。
一番大きな天板のシンク部分のカットはどおやってされましたか?あと、使用した工具なども教えて頂けたら嬉しいです。
2012/12/04 (火) 23:21:32 | URL | ちー #4./AAgko[ 編集 ]
だるだるジャック さんへ
こんにちは♪
ご質問の箇所はシンク(桶部分)周りのことでしょうか。
流し台本体にゴム板をのせ、天板を固定していますが、天板をくりぬく際に、シンクのサイズより少し小さめにくり抜きました(私の技術の問題もありますけどw)。ゴム板を噛ませる以外に裏側に何か施したような気もしますが遠い記憶のため定かではありません。すみません。
ただ、使うときにあまり水がはねないように気をつけていたかも。解体後とくにカビ・シミ等はありませんでした。
心配な場合は、シンク用の防水シール(テープ?)のようなものがあると思うので、それを使うと良いと思います♪
2012/12/05 (水) 08:52:29 | URL | ことり #-[ 編集 ]
ちー さんへ
こんにちは。理想そのものって嬉しいです♪
記憶の範囲でしかお答えできませんが、質問はいつでも受け付けておりますので遠慮なく。^^

板の基本的なカットは板を購入したショップでやってもらいました。が、シンク部分のくり抜きは、当時指定方法がよくわからなかったので、たしか自分で大小のノコギリと糸鋸(手動ですw)を駆使して頑張りました。

ショップに指定してカットしてもらう場合は、新聞紙等でシンクの型紙を作って、それを図面におとして加工してもらえば良いと思います。(ただしそういう加工に対応していないショップもあるかもしれません)

ご自身で行う場合は、電動ノコギリがあれば、一箇所穴をあけて、そのままぐるっと切り取ってしまえば良いと思います。
あるいは電動ドリルがある場合は、シンクのくり抜きたい部分に小さな穴(キリトリ線のような)を開けていって、その点線を切り取るようにカット、余分な部分をヤスリで整えるという方法で、手作業よりは楽に開けられるかもしれません。

持ってた工具は普通のノコギリ、カッター型のノコギリ(使いにくかった)、糸鋸(フリーウェイコッピングソー http://www.picus.co.jp/item_coppingsaw.html )、キリ、ヤスリ、などでしょうか。
参考になりましたら幸いです。
2012/12/05 (水) 09:20:14 | URL | ことり #-[ 編集 ]
へん
何か貧乏くさい
2014/03/20 (木) 21:14:48 | URL | いづ #bhhZubZs[ 編集 ]
いづ さんへ
コメントどうもありがとうございます。
否定的なコメントいただいたのは初めてだったので新鮮です^^
しかしあえてこうしたコメントをされるのは理由があってのことでしょうか。通常なら鼻で笑って通り過ぎるだけで良さそうなものですが。かまってほしい方なのかな?

今でこそお洒落なDIYリフォームキッチンも多々見受けられますが、当時はまったくの手探り状態でした。そんな中、賃貸住宅における不満点を、DIYすればアイデア次第で使い勝手良く変えられるよ〜という実例として紹介したものです。キッチンに限らず、いろんな箇所に応用していただければという気持ちです。

まあ、貧乏臭いのは否めませんけどね。DIYもほぼ未経験で何の知識(安く理想通りにつくる知識等)もありませんでしたからね。いづさんがDIYされる際には、どうぞ素敵に作られてくださいね。^^
2014/03/22 (土) 08:13:26 | URL | ことり #-[ 編集 ]
原状回復
はじめまして!
退居の際、壁のベニヤはどのように撤去されましたか?
色々なサイトで素敵なDYIを拝見するのですが、原状回復した方法がかわかる資料(ブログなど)がほぼなく、
隙間に工具などを差し込んで、剥がされたのでしょうか?

教えていただければ嬉しいです。
2014/11/10 (月) 13:03:24 | URL | もり #-[ 編集 ]
>もり さんへ
コメントありがとうございます♪
設置する際、一応解体のことも考えて簡単に2分割できるように設置したので、理論的には撤去可能だったんですが・・・実際のところは私1人の力では無理でしたね。力一杯頑張れば無理矢理引き出せるんじゃないかと思ってた板はびくともせず(下に滑り止めのゴムを噛ませてたこともあり)、、結局、知人男性2人に来てもらい、外していただきました。
壁に接着等してたわけではないので、とくに工具等は必要としませんでしたよ。男性2人ならあっという間でした(1人はほとんど休んでましたけど)。
重くて動かせなかった、というところがポイントなので、これをクリアする条件で(もっとたくさん分割するなど)設置すれば女性1人でも大丈夫だったかもしれません。参考になりましたら幸いです。
2014/11/14 (金) 00:09:01 | URL | ことり #-[ 編集 ]
ありがとうございました
そうですね。
確かに大きい板をどーんと使うと、解体が大変かも。なるほど。
参考になりました^ ^
2014/11/18 (火) 22:03:21 | URL | もり #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 LuLuLuNOTE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.