2010.10.19

ちょっと間があいてしまいましたが、つづきですー。
»過去記事はこちら→(1)(2)(3)

やすりをかけたあと、ペイントにはいりまーす☆
101017ba.jpg
奥から:満水のペットボトル、棚板、ペンキ缶、シーラー、金具を固定した板、絵筆、お豆腐の空パック、百均のハケ。

いつもとおなじオフホワイトのペンキにしようと思ったら、近場のお店どこにも売ってなかったので、しかたなくミルキーホワイトを調達。
そして以前固まってしまったペンキ(ホワイト)にダメもとで水を加えておいたら、ゆるゆるに溶けてくれてたので混ぜて使用。

それと。金属部分にもペイントしたいので、トールペイント用のシーラーを下地材として使ってみました。何故トールペイント用かというと、安かったからですww
塗料により相性があるらしいので不安もありましたが、ちゃんと密着してくれたので良し(^▽^;)

ペンキ塗りはお天気の良い日が気持ちいいですね~。どんどん乾いて重ね塗りの作業もラクチン♪^^
毎度のことですが、塗ってる間にどんどん陽射しが強くなってくるのは仕様でしょうか まあ、雨が降るよりありがたいですけどね。(;´▽`A``

  *  *  *

ちなみにやすりは80番、120番を使いました。端材の表面が荒かったので80番→120番。棚板はペンキの乗りを良くするために120番で軽く。

80番は金属製を愛用。高いですが長く使えるのと、ガシガシガリガリ削りやすいです。
そして120番は布やすり。紙ヤスリと同様に使えますが、ちょっと丈夫です。
布・紙ともに重宝するのがこういう土台。
101017aa.jpg
土台があると、まっすぐに削れます。いろいろと試行錯誤の結果、すのこのきれっぱしにピンでとめて使ってます。使い心地上々☆

さて、次回で完成しまーす\(^▽^)/

copyright © 2017 LuLuLuNOTE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.